足袋の着用と丈選びの注意点

袴スタイル時の足袋の着用

足袋の着用 大学や短大の卒業式には、袴スタイルで出席したいという学生さんも多いのではないでしょうか。
女性が袴を着用するシーンというのは非常に少ないものであり、一生に一度もチャンスがなかったという人もいるものです。もしも着る機会があったらぜひ挑戦してもらいたいものです。
袴スタイルは、和装でありながらも洋風にも見せることができます。髪型においては、昔から耳から上の髪の毛を一つに束ね、耳から下の髪の毛は下に垂らしたままにするというスタイルが利用されてきましたが、これに限らずアップスタイルやダウンスタイルでも利用されています。
また、足元では草履とブーツの二種類から選択することができます。草履を着用する時には足袋が必要になりますが、ブーツであれば普通の靴下でも構いません。
袴はレンタルで利用するという人も多いものですが、その際にはすぐに着ることができるように一式セットになって貸し出しがされます。足袋もセットに含まれていますが、着用しなくても買取という形で予算に含まれているので返却の必要はありません。

袴の丈に気を付けよう

袴を着る際に気を付けなければならないことは、丈の長さです。例えば、草履を履くときにはくるぶしが隠れるくらいの長さのものを、ブーツを履くときにはくるぶしの上くらいの長さの丈を選ぶことが重要です。
丈の長さは、短すぎても長すぎても見栄えが良くありません。また、どんなに着付けのプロに着せてもらっても長さだけは変えることは出来ないので、袴を選ぶ際には注意が必要です。
また、袴の長さは男性と女性とではサイズの測り方が異なります。女性の場合には、みぞおちの5cm下からくるぶしまで測り、男性の場合には、腰からくるぶしまでの長さを測ることになります。
これは、男性と女性とでは下帯を締める位置が違うためなので、自分でサイズを測る場合には注意しましょう。
袴は通販で購入したり、レンタルすることが出来ますが、その際には自分でサイズを測っておく必要があるので、正しい測り方を知っておくと便利です。店舗などで購入する場合には、店員に測ってもらった方が良いと言えます。