袴と振袖の違いについて

古代から続く袴のルーツ

古代から続く袴のルーツ 袴は大陸の騎馬民族が着用していた衣類がルーツとされています。古墳から袴を着用している埴輪が出土し、古事記や日本書紀にも記されていることから、日本には古代に伝わったものと考えられています。
袴は大陸から西洋にも伝えられ、これがズボンのルーツになっています。始めの頃は主に男性の着物になり、動きやすさに重点を置いたモンペのような形でしたが、やがて儀式に使われるようになると裾の開いた物に変化していきました。
飛鳥時代には女性も着用するようになり、衣服の下着に用いていましたが、室町時代になって小袖が流行すると次第に日常での着用が少なくなってきました。
再び脚光を浴びるようになったのは明治以降のことで、西洋文化の影響で椅子に座る事が多くなると裾を気にせずに済み動きやすいという理由から多くの人に着られるようになり、股部分が分かれていない長いスカートのような女袴が女学生の制服として着用されました。
他にも色々な種類があり、現代でも神職や卒業式などの行事の際に利用されています。

袴と振袖の違いについて

日本の独特の文化でもある着物には、様々な種類があります。
例えば、袴、振袖、訪問着、留袖などです。着物は用途や着ていく場所によって使い分けますが、中でも使い分けがわかりにくいのが袴と振袖です。
この2つの違いは、まず振袖は単体で着ることができて、振袖だけで完成します。今では未婚の女性が着ることがほとんどのため、主に、卒業式や成人式などで着ている女性を多くみかけます。
また、男性用はなく、女性のみが振袖を着ることができます。一方袴は女性のイメージですが、男性用と女性用があり、着物の上に着るもので腰から下を主に覆います。
そのため、着物がなければ着用することができない、ということになります。
また、足の部分が2本になっていたりスカートのようになっていたりと、種類や色などが豊富にあるため、自分なりのおしゃれを楽しむことができます。
袴は着物の上着用し、男性用女性用とあるもので、振袖は一般的には女性が着るもので大振袖、中振袖、小振袖にわけられる、という違いがあります。