おしゃれな帯や帯飾り

袴を着用する時の帯について

袴を着用する時の帯 卒業式などの行事に袴は定番ですが、普段和服を着るのを慣れていない場合、どうやって着付けを行えばいいのかわからない人も多くいます。
袴の着用は和服を着ない人には複雑に感じますが、理解してしまえば自分で着付けを行う事ができます。袴をつける場合は、通常と異なった着物の着方をします。
帯は小さ目の文庫結びが適しています。袴の土台になるので緩まないように結んでおきましょう。前紐を帯が1cmから2cm程度見えるように当て、背中でひもを交差させて一度結んでから前に回して交差させ、再び後ろに回して帯の下で結びます。背中のふくらみを整えながら後ろの部分に布をあて、前へ紐を回して右側で交差させます。
この時、交差させるのは右ではなく左側でも問題ありません。一度結んでからリボン結びを作り、長い方の紐を下から通します。通した紐を前に垂らし、結びを綺麗に整えたら着付けは完成です。
あとは全体のバランスを鏡で見ながら、細かな調整を行います。

袴や帯飾りなどは、レンタルできます

いま、和服を色々な場面で着用される方が多いです。
日本の伝統文化がとても注目されていて、入学式、卒業式、また初詣やそのほかのイベントの時に和服を着られている方が多いのです。
袴は、特に卒業式で着られることが多く、大学の卒業式では女性は多くの方が着ています。しかし振袖と異なり、自分のものを持つというよりは、レンタル袴を利用されていることが多いです。
また、振袖にしても、可愛い帯飾りなど、アレンジして着られることも多く、帯飾りのレンタルなども行っていることがありますので、色々見繕って準備される方も多いです。
レンタルの良いところは、やはり手軽さというところにあります。着物や袴は、管理がとても大変ですので、自分でもっていると、クリーニングなどもとても大変です。
しかし、レンタルでしたら、ネットで注文をして、自宅まで届けてもらい、使い終わったらそのまま送り返せばよいというシステムですので、とても楽ちんなのです。